Depeche Mode

2010年01月17日

エブちゃん疾る!

クリスマス休暇を経て、1/9のベルリン公演からツアーを再開させたDepeche Mode。
紆余曲折あったこのツアーもいよいよ終盤戦、泣いても笑っても残り1ヶ月半です。
1/9以降オープニング・アクトを務めているのは、何と15年ぶりのアルバム・リリースで完全復活の狼煙を上げたMuteの旧友Nitzer Ebb!
ツアーの最後を飾るに相応しい夢のカップリングですね。

てか、YouTubeに上がってる動画が…



Douglas、スーツ姿じゃないかー!
もしやDaveと揃えてみたんでしょうか。
マフィアみたいでカッコイイです(笑)

ne_douglas

そのNitzer Ebbのニュー・アルバム『Industrial Complex』は来る1/22発売、レーベルをMuteからドイツのMajor Recordsに移してのリリースとなります。

Industrial Complex

そう、もうMuteじゃないんですね…
一方Muteはこのタイミングに合わせたかのように、彼らの5枚の旧譜をBox Set化した『Catalogue』と、Remixディスクを含む3枚組ベスト『Compilation』をリリース。
Ebbに限らず、この処過去のタイトルの再発・Box化が目立つMute、他に類を見ないレーベルだけに末永い繁栄を祈りたいのですが、どうも台所事情が気になる今日この頃ではあります…

さてこの『Industrial Complex』ですが、現在MySpaceにて全曲フル試聴可能となっています。
これはヤバイです〜…タイトルどおりのハードさとEBM独特のうねりが絡み合い、往年のままのテンションで力強く駆け抜けていきます。
Douglasの鋭いシャウトや緊迫した囁きが曲に様々な表情を与え、最後まで手に汗握るような展開が続きます。
DMのMartinがバック・コーラスで参加した「Once You Say」の音源が初めてラジオで公開されたのは07年6月だったそうですが、それから更に山谷越えて遂に完成したアルバムなのだと思うと感慨もひとしおですね。。

尚、発売元のMajor Shopでは、Remixディスクとセットになった2枚組仕様のアルバムが購入可能。
もう発送済みメールが届いています。仕事早っ!
此方の目玉は「I Am Undone」のAlan Wilder Remixですね。
原曲がヴォーカルを前面に出した比較的ストイックな音なので、どう料理されているのか興味深い。
Recoilの初ツアーの幕開け2公演をEbbと共同で行うという話も目出度く決まった中、両者の昔からの良好な関係が伺える嬉しい組み合わせです。
届いたら楽しみに聴きたいと思います。
posted by helix at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

Depeche Mode@M.E.N Arena, Manchester

image/2009-12-24T02:46:471

一度は諦めかけたマンチェスター公演でしたが、執念が実りやっとの思いで観戦、結果的に今回のDM遠征を良い形で締め括る事ができました。

ロンドンも決して悪くはなかったのですが、マンチェスターはお客さん全体のテンションが高く、会場の雰囲気も良かったと思います。
ロンドンでは実現しなかったウェーブが成功したのもその一例でしょう。
O2の2日目の席で気づいたのですが、スタンディングの最前列付近にウェーブ番長みたいな人(笑)がいて、ウェーブを起こそうとスタンド側に号令を送っていたのです。
しかしO2では会場そのものが大き過ぎた所為もあってか、応じる人が少なくそのまま立ち消えてしまっていました。
M.E.N Arenaでは何度か途中で途切れたものの、最終的には会場一丸となっての大きなウェーブが発生。
そう言えば、3年前にもこの場で同じように両腕を振り上げたんだった…
当時の想いが去来して胸が熱くなりました。

ステージ前にはビデオカメラが入っていて、クリスマス前らしくカメラマンがサンタ帽を被っていたのも微笑ましかったです。
音響的にはO2に比べ低音が響く構造のようで、クリスチャンのドラムが地響きのように鳴り渡って凄い迫力がありました。

セットリストはO2の1日目と同じ。
が、お客さん達の熱狂ぶりがまたスゴイ…曲の頭から全力で歌ってるし(笑)
メンバーにもそれは伝わったようで、「Miles Away」前、デイヴがお客さんに手拍子を促す場面では、
「ロンドンよりいいね!」みたいなコメントもありました。
他にも何度かデイヴが"Manchester!"と呼びかける場面があり、会場の反応を嬉しく感じていた様子でした。
「Policy Of Truth」でお客さんが弾いていた風船の数も、ロンドン2日間より随分多かったようです。

image/2009-12-24T02:46:472

マーティンの衣装もO2の1日目と同じでした。
「Insight」の後、「Home」に入る前のMCでちょこっとクリスマスに触れたコメントをしていましたが、よく聞き取れず…(^^;ゞ
個人的には、3日間を通じ兎に角「Home」で号泣していました。

「Enjoy The Silence」、デイヴがマーティンの紹介をする場面でデイヴがミョーに溜めるので、2人してタイミングを図るようにペコペコ頷き合っていたのが可愛かったです。

アンコール前には、お客さんらが床を踏み鳴らす音が会場を揺るがせていました。
こんなのもロンドンにはなかったなぁ…やっぱマンチェの土地柄とかあるんでしょうか(笑)
最後の「Personal Jesus」ではありったけの力を込めて両腕を拡げ、燃え尽きました。

image/2009-12-24T02:46:473

ありがとうデペッシュ・モード。
ありがとうマンチェスター。
そして、さようなら…
posted by helix at 02:39| Comment(1) | TrackBack(0) | Tour Of The Universe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Depeche Mode@M.E.N Arena, Manchester

モバイルから投稿。。

開演間近です。
会場でウェーブが起こってます。
posted by helix at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Tour Of The Universe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Depeche Mode@M.E.N Arena, Manchester

モバイルから投稿。。

image/2009-12-19T04:43:481

ロンドン以降数々の困難に見舞われましたが(^^;、何とかマンチェスターまでやって来ました。

3年前、初めてDMを観た会場です。

今日はマーティン側。

image/2009-12-19T04:43:482
posted by helix at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Tour Of The Universe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Depeche Mode@The O2, London(2日目)

モバイルから投稿。。

image/2009-12-17T19:45:191

ミラーボールみたいな球体かと思っていた特殊スクリーンは、横から見たら半球でした。

マーティンの衣装、この日は滑らかな素材のシルバーのスーツ。

セットリストはマーティン1がJUDAS(ギター弾き語りで泣けた…)
2がDRESSED IN BLACK(花道に出てきて萌えた)に変更
他は1日目と同じでした。

HOLE TO FEEDでデイヴが後半のサビの歌い出しを間違えたようでしたが、マーティンがフォローして最後まで歌い切ってました。

ENJOY THE SILENCEでは間奏でデイヴが
♪SHUCK UP BABY, SHUCK UP とアドリブを。
これってA CERTAIN RATIOのSHUCK UP?
とは言え元々がカヴァ曲だそうなので、元ネタの方を意図したものかもしれませんが…
ちょっと意外な嬉しさがありました。

STRIPPEDでは
♪WITHOUT YOUR TELEVISION のフレーズで、デイヴがマイクの前で小さく四角を描く仕草。

image/2009-12-17T19:45:192 image/2009-12-17T19:45:193

終演後は直ちに撤収作業に入ります。
ステージの直ぐ後ろに輸送用のトラックが控えており、機材が次々と運び出されていました。

image/2009-12-17T19:45:194
posted by helix at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Tour Of The Universe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。