Depeche Mode

2009年12月24日

Depeche Mode@M.E.N Arena, Manchester

image/2009-12-24T02:46:471

一度は諦めかけたマンチェスター公演でしたが、執念が実りやっとの思いで観戦、結果的に今回のDM遠征を良い形で締め括る事ができました。

ロンドンも決して悪くはなかったのですが、マンチェスターはお客さん全体のテンションが高く、会場の雰囲気も良かったと思います。
ロンドンでは実現しなかったウェーブが成功したのもその一例でしょう。
O2の2日目の席で気づいたのですが、スタンディングの最前列付近にウェーブ番長みたいな人(笑)がいて、ウェーブを起こそうとスタンド側に号令を送っていたのです。
しかしO2では会場そのものが大き過ぎた所為もあってか、応じる人が少なくそのまま立ち消えてしまっていました。
M.E.N Arenaでは何度か途中で途切れたものの、最終的には会場一丸となっての大きなウェーブが発生。
そう言えば、3年前にもこの場で同じように両腕を振り上げたんだった…
当時の想いが去来して胸が熱くなりました。

ステージ前にはビデオカメラが入っていて、クリスマス前らしくカメラマンがサンタ帽を被っていたのも微笑ましかったです。
音響的にはO2に比べ低音が響く構造のようで、クリスチャンのドラムが地響きのように鳴り渡って凄い迫力がありました。

セットリストはO2の1日目と同じ。
が、お客さん達の熱狂ぶりがまたスゴイ…曲の頭から全力で歌ってるし(笑)
メンバーにもそれは伝わったようで、「Miles Away」前、デイヴがお客さんに手拍子を促す場面では、
「ロンドンよりいいね!」みたいなコメントもありました。
他にも何度かデイヴが"Manchester!"と呼びかける場面があり、会場の反応を嬉しく感じていた様子でした。
「Policy Of Truth」でお客さんが弾いていた風船の数も、ロンドン2日間より随分多かったようです。

image/2009-12-24T02:46:472

マーティンの衣装もO2の1日目と同じでした。
「Insight」の後、「Home」に入る前のMCでちょこっとクリスマスに触れたコメントをしていましたが、よく聞き取れず…(^^;ゞ
個人的には、3日間を通じ兎に角「Home」で号泣していました。

「Enjoy The Silence」、デイヴがマーティンの紹介をする場面でデイヴがミョーに溜めるので、2人してタイミングを図るようにペコペコ頷き合っていたのが可愛かったです。

アンコール前には、お客さんらが床を踏み鳴らす音が会場を揺るがせていました。
こんなのもロンドンにはなかったなぁ…やっぱマンチェの土地柄とかあるんでしょうか(笑)
最後の「Personal Jesus」ではありったけの力を込めて両腕を拡げ、燃え尽きました。

image/2009-12-24T02:46:473

ありがとうデペッシュ・モード。
ありがとうマンチェスター。
そして、さようなら…
posted by helix at 02:39| Comment(1) | TrackBack(0) | Tour Of The Universe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!

濃い内容のDMのレポありがとうございます〜
うらやましいです。だって日本に来てくれないですから^^;

今年もよろしくお願いします!!
Posted by SANE at 2010年01月07日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。