Depeche Mode

2013年03月12日

Live on Letterman

今日AM9:00より配信されたDepeche Modeのライブのウェブキャストを見ました。
米CBSによるコンサート・シリーズ"Live on Letterman"に出演したもので会場はNYのEd Sullivan Theater、新譜に係るライブ初めとなりました。
折しも北米ツアーの日程が発表されたのはその数時間前、現地での盛り上がりはいか程だったでしょう。

約45分のセットは全9曲、リアルタイム配信後に2度の再放映が行われました。

-----

Angel(新)
Should Be Higher(新)
Walking In My Shoes
Barrel Of A Gun
Heaven(新・先行シングル)
Personal Jesus
Soft Touch / Raw Nerve(新)
Soothe My Soul(新)
Enjoy The Silence

-----

新譜からは5曲。
全体的にはかなりロック寄りと感じました。
いま敢えてのBarrel Of A Gunとか(笑)
曲によってはVelvet Undergroundみたいに聞こえたものも…

以前Tour Of The Universeのライヴを観た時にやたらデヴォ度の高さが印象に残り、今度はその路線かと勝手に色眼鏡で見てしまっていましたが、やはり新曲を纏めて聴くとこれまでにないアプローチが見えてきます。
何だか前向きで力強い感じがしますし(笑)
改めてアルバムのリリースが楽しみになりました。

Daveの衣装、表は黒なのに裏地が黄。斬新な(笑)
3曲目でジャケットを脱ぐと、当然ベストの背も黄色。
右手首の新しいタトゥは去年入れたもの?
全ての所作に伴う貫禄と大人の色気が凄い。

Martinは黒ずくめに革ジャン。
2曲目のみキーボード、他は1曲毎にギターを持ち替える。
声が相変わらず艶やかに伸びて美しい。

Fletch、黒ずくめにサングラス。
Personal Jesusでの手拍子を見て何故か安心してしまう(笑)

しかしFletchがあまり映らなかったのが心残り…
PeterやChristianの方が目立ってたではないか。
観ながら感想を思いつくままノートに書き殴ってたのですが、後から見たら
「ピーターうつりすぎ」
と書いていました(^^;)
いえ、Peterには色んな面で感謝ですが。

今は只、また彼らを観られて嬉しいです。
posted by helix at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。