Depeche Mode

2010年04月13日

最近のアラン先生 その2

更に、アラン・フィーバーはライブ共演のみに留まらず。
Depeche Modeのオフィシャル・サイトのトップ・ページに、でかでかと『Selected』のプロモーションが貼られている…

recoil_link.jpg

『subHuman』リリースの頃もニュースのコーナーで取り上げられてはいたけれど、此処まで大々的じゃなかったよな〜?
まあこの辺りは多分にビジネスの香りがする訳ですが、それはご本人が一番良く分かっているのでしょう(笑)

『Selected』は4/19リリース予定ですが、それを追うこと約1ヶ月、5/17には"DELUXE LIMITED EDITION 4 DISC BOX SET"なるモノまで発売される事が明らかになりました。
内容は、

- 2CD SELECTED
- 1CD ADDITIONAL MUSIC (EXCLUSIVE)
- DVD FILMS (EXCLUSIVE)
- 3 x LARGE SCALE BOOKLETS
- 12"x12" BOX WITH LIFT OFF LID
- 1000 INDIVIDIALLY NUMBERED EDITIONS WORLDWIDE
- SIGNED BY ALAN WILDER

やっぱ、この内容見ちゃうとどーしても欲しくなる…
ポチッとやってみた訳ですが、日本迄だと本体が60ポンドの処送料が68ポンド!?
『SOTU』BOXでさえ29.72ポンドだったのにぃ〜。。
(と思ったら、ちゃんと但書きが(^^;):In order for us to track all orders and ensure safe delivery of this deluxe limited edition box set all orders will be dispatched by courier only.)
この辺りも制作者の拘りなのですね…
もうお布施だと思って買う事にします。

尚、気になっていたCD2の内容は以下のとおり。

01. Supreme - True Romance
02. Prey - Shotgun mix
03. Drifting - Poison Dub
04. Jezebel - Filthy Dog mix
05. Allelujah - Noisy Church mix
06. Stalker - Punished mix
07. The Killing Ground - Solid State mix
08. Black Box (excerpt)
09. 5000 Years - A Romanian Elegy for Strings
10. Strange Hours '10 - featuring The Black Ships
11. Missing Piece - Night Dissolves
12. Shunt - Pan Sonic mix

トレイラー映像。
なんつーか、全く以ってスキがないです(笑)
posted by helix at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のアラン先生 その1

…大雑把なタイトルだ。
って、その位最近の先生にはニュースが多いです。

先ずは(って、ほんとに今更ですが)何をおいてもコレ。
世界中が泣いた!



2/17、イギリスのチャリティ・イベントTeenage Cancer Trustsの10周年を飾るデペッシュ・モードのライブに、アラン先生がゲスト出演しました。
Royal Albert Hallという格調高い舞台で「Somebody」のピアノを演奏し、実に16年ぶりの共演が実現。
まさかこんな日が来るなんて…俄かには信じられませんでしたが、実際にその光景を観たら思わず涙が溢れました。
確かにこの処のアラン先生、以前に比べバンドに対する姿勢が和らいでいるように感じられてはいましたが…
(DMのファン・ドキュメンタリー映画『The Posters Came From The Walls』の上映イベントにまで出席したくらいですし。)
このライブ、チケットは発売後4分で売り切れてしまったたそうですが、あの空気を共有できたファンの方々は本当に幸せな時間を過ごしただろうと思います。
DMは2/27のデュッセルドルフ公演を以って無事ツアーを終えていますが、終盤にこんな嬉しい贈り物があった事は、いつまでも皆の心に温かく残るのでしょう。

因みに、アラン先生が伴奏する「Somebody」と言うと、『101』や『Live In Hamburg』の映像で観た'♪Tenderly〜'の部分でマーティンがやたらとタメる(そして女の子達がキャーキャー言う)場面が先ず頭に浮かぶのですが、マーティン、今はタメずに歌うんだなー。
一方アラン先生の弾き方はあの頃とおんなじ。
そんな処も時の流れを感じさせて無闇に感慨深く、何度も動画を見返しダーダーと涙したのではありました(笑)
posted by helix at 03:07| Comment(1) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。