Depeche Mode

2009年07月29日

a-haが「A Question Of Lust」をカヴァ

これはスゴイ!

a-haがBBC 2のラジオ番組において、Depeche Modeの「A Question Of Lust」のカヴァを披露したそうです。

 A-ha cover Depeche Mode's 'A question of lust'



確かに「A Question Of Lust」なんだけど、a-haのカラーもしっかり出ていますね。
何処となく、彼らの往年の名バラード「Stay On These Roads」あたりの空気を思い起こさせます…
モートン・ハルケットはマーティンと同様、高音がキレイに出るタイプのヴォーカリストですからこの選曲もぬかりなし、好カヴァだと思います。

a-haのニュースサイト(アンオフィシャル)には、事前に予告めいた記事も載っていました。

And they will perform five tracks (including "a new cover of a great British song") on Dermot O'Leary's show on BBC Radio 2, July 25th.

遡って6/10には、彼らはベルリンでのDMのライブをメンバー揃って観に行っていたのだそうです。
翌11日、同じくベルリンで行われた新譜のプロモーションの記者会見で、
"We never go to concerts together. But it was worth it"
とコメントしたそう。
何だか素敵だなぁ。

そもそもDMの「A Question Of Lust」、音域が広く複雑なメロディを稀有な表現力で歌い上げるマーティンにはひたすら舌を巻きました。
(よくもまああんなメロディを思いつくものだと思ったし。
 てか、DMを聴き始めた頃はマーティンは同じ星の人間だと思えませんでした(笑))
年月を経て、同じ80年代を過ごしたアーティストに歌われるこの曲がまた誰かの心を掴むのだろう…と考えると、時空を超えた音楽の力を感じます。

蛇足ですが、昔からマグス・フルホルメン”だとばかり思っていたキーボードの彼の名前が、正しくはマグネ・フルホルメン”だったと初めて知りました…(^^;)
(“マグス”は愛称なのだそうですね。って、もしかして常識??)
posted by helix at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

3

例によって7/8、フレッチのお誕生日はすっ飛ばしてしまいましたが…(^^;)
(フレッチおめでとう〜!)
7/23はマーティンのお誕生日バースデー
(おめでとうございま〜す!)

最近のマーティンネタと言うと、勿論ツアーが筆頭でしょうがあとはコレ?

 NV3
Nouvelle Vague
B002BH3IY0


ニューウェイヴの名曲をボサノヴァでカヴァし、一躍有名となったフランスのユニットNouvelle Vagueの3rdアルバム、その名も『3』にマーティンが参加しています。(今更ですが…^^;)
しかもお題は「Master And Servant」!
6/29に発売されたUK盤のLimited Editionを購入してみました。

1stアルバムで披露された「Just Can't Get Enough」のボサノヴァ・ヴァージョンは初夏の木陰を思わせる爽やかなアレンジでしたが、今回の「M & S」、何やらどよ〜んとしてないか!?(笑)
場末たような気怠げな雰囲気はトーチソング風でもあり、オリジナルとのギャップが楽しめます。
年を取ってからのマーティンはこの手のメロウな表現も巧みなので、彼のコーラスが曲に程良いスパイスを加えていると思います。
イントロでいきなり“ミョ〜〜〜ン”って電子音が入る処もちょっと面白い。

Depeche Modeのツアーの方は、デイヴの脚の怪我により新たにキャンセルが生じたりと、相変わらずハラハラの尽きない行程ですが(^^;)、ヨーロッパツアーは一先ず終了、バンドは此れよりUSツアーに突(TOTU)入との事。

マーティン始めメンバーの日々が素晴らしいものとなるよう祈ります(^人^)
posted by helix at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

Wrong100%

祝、Dave復活。

ツアー再開後は順調に公演を重ねているようで、追加日程も発表された今は漸く安心して状況を見守れる気がします。

   * * *

書きたいネタは色々あったものの、何だかんだで全然更新してませんでした…
先日家族の超重要イベントが恙無く終わったので、やっと気持ちに一区切りつきました。

遡って、6/1はアラン先生の50歳のお誕生日。
おめでとーございます!(遅すぎあせあせ(飛び散る汗)
そしてこの日は自分の誕生日でもありました。
それを口実にずっと欲しかったiPod Touchを購入ダッシュ(走り出すさま)
パーソナライズ(本体背面に任意で文字を入れられるサービス)は、今やるならこれしかないと思い"Peace will come to me"にしました。

早速インストールしたのがこのアプリ。

 "Depeche Mode Sounds of the Universe"
 (↑iTunes起動します。)

sotu app

『SOTU』のプロモーション用アプリ、無料です☆彡
ジャケのシンボルの棒の部分に触れると音を奏でます。
(このシンボル、フェザーマンとかMr.Feathersみたいな良い通り名はないのかなー…、心の中で勝手にソツモッコリと呼んじゃってます^^;)
コンテンツであるバンド写真やバイオグラフィはオフラインでも見られますが、ツアー日程一覧やオフィシャルサイト、iTunesストアへのリンク等も含まれているので、Wi-Fi環境が整っていた方が本領発揮してくれそう。
(うちも早く導入したい!)

続いてはこのアプリをインストール。600円也。

 "iDrum: Depeche Mode Sounds of the Universe"
 (↑iTunes起動します。)

idrum sotu

自分で『SOTU』の音源をリミックスできてしまう驚異的なツールです。
現時点で私は全く使いこなせていませんが…(^^;)
↓の動画でその機能を垣間見る事ができます。



更にインストールしたのがこれ。無料です☆彡

 "Tap Tap Revenge 2.6"
 (↑iTunes起動します。)

所謂音ゲーで、リズムに合わせてタイミング良く画面をタップしたり、本体を振ったりします。
これのスゴイ処は、無料で150以上もの曲を追加する事ができ、しかもDMの「Wrong」も配信されてるのですね。
早速Wi-Fi使える場所でダウンロードしてみました。

ゲーム自体は判定甘めな気がします。
「Wrong」ではスコア100%を出したい!手(グー)と意気込んでいたらある日予兆もなく出ました(笑)

tap tap wrong

このゲーム、無料と言えど侮れない楽しさ。
まんまと乗せられ↓も購入しちゃいました。600円也。

 "Lady Gaga Revenge"
 (↑iTunes起動します。)

Lady Gaga Revenge

パフォーマンスは好きな割にアルバム買ってなかったLady Gaga、これで結構聴けてしまった(笑)
「Starstruck」って曲が好きです(^^ゞ
posted by helix at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。