Depeche Mode

2009年02月22日

Wrong (Echo Awards, Berlin)

ドイツで放映されたEcho Awardsでの「Wrong」お披露目映像が、早くもYouTubeに凄い勢いで上がってきています。



お客さんも凄い勢いで写真撮ってるなぁ(笑)

忘れないうちに第一印象を書いておきます。

曲の構成は「Personal Jesus」系?と言うか基本的にフレーズの繰り返しである為、1度聴いたらまず忘れないし、頭に刷り込まれて延々とループしてしまいます。
今回もBen Hillierのプロデュースという事ですが、一聴してそれと分かるシンセの使い方でブチブチ言ってますね〜(笑)
ラストに向けてじわじわと盛り上がった処でDaveとMartinの掛け合いを聴くと、ああやっぱりDepeche Modeだなぁとしみじみ嬉しさを感じます。
リズムが乾いた感じなので、荘厳でありながらストイックな印象も強いです。
Remixer陣は遣り甲斐がありそう(笑)
イントロからDaveのヴォーカルがガツンと来るので、ライブでは間違いなく盛り上がるでしょうね〜。

そしてMartinのお帽子がニューモデルになっている(笑)
ギターも新しい?
Daveが着けているブレスレットやリングも気になります(^^ゞ

シングルやアルバムのジャケットは、今回もAnton corbijnなのですね。
デザインは至ってシンプルですが、描かれたシンボルはやっぱ"Universe"って単語を象徴的に表してるんでしょーか。

Wrong Sounds Of The Universe

因みに全くの余談、、、
個人的に大好きな明智抄という漫画家さんに『死神の惑星』という作品があり、単行本1巻の最後にオマケ漫画が載ってるんですが、このジャケのシンボルって其処に出てくる“スタミナ”という名の謎の生物に何となく似てるんだよなー…
それに気づいてしまってからジャケ画像を見る度「スタミナ…」とか考えてしまうので、頭の中で早く上書きすべくイメージ転換を図っています(^^;)
posted by helix at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

frYars - Visitors

frYars

去年より話題になっていたニュースですが、Depeche ModeのDave GahanがfrYarsという新人アーティストの曲「Visitors」にバックコーラスで参加しています。
このfrYars、弱冠19歳のBen Garrettによるソロ・プロジェクトだそうで、参加の経緯についてはNMESIDE-LINEに記事がありました。

frYarsのプロデューサーであるLuke Smith(元Clorのギタリスト)という人物がDMの『Sounds Of The Universe』の制作においてもエンジニア/プログラマーを務めており、frYarsがニューヨークのスタジオで作業していた際にDaveが曲を耳にして気に入った為、バック・コーラスでの参加を申し出たようです。

声質が同じ系統の為かデュエットもクールにキマっており、ニュー・ウェイブの影響が色濃く香るガチガチのエレクトロ・サウンドもツボです。
しかしBen君、既に独自のスタイルを確立しているバリトンの歌声と言い、大泉洋と松田優作を足して2で割ったような(?)風貌と言い、なんつーか、とても19歳とは思えない老成っぷりですね…(^^;)

frYarsのMySpaceを見ると、此処には何と「Visitors」のStephen Hague RemixがUPされています。
Stephen Hagueは過去にPet Shop BoysやNew Order、Erasure等のプロデュースで鳴らした叙情派エレポップの雄ですが、近年はあまり活動の噂を聞かずにおりました。
(と思って調べたら、Clientの「Someone To Hurt」や元Spice GirlsのMelanie C「I Want Candy」なんかを手がけてました。これらの曲は好き!)
思いがけない処で…という感じですが、このRemixもディスコっぽくアレンジされててカッコイイです。

で、この「Visitors」ですが、現在フリー・ダウンロード可との案内があります。

fryars-sticker

という訳で登録してみたのですが、直後には音沙汰なく、しばし経った頃に案内メールが届きました。
この手のサイトはメールが自動配信になってるケースが多いですが、この件ではちゃんとスタッフがチェックして送信してるようでした。
案内メールにあったダウンロード元のサイト"Bandstocks"を見てみたところ、これがまた斬新な音楽ビジネスのベンチャー企業らしい。
去年の8月、The Guardian誌のサイトに概要についての記事が掲載されていました。

 Don't just buy the music, fans told - now you can invest in big names of the future

アーティストは曲をサイトにUPしてリスナーより出資者を募り、目標額に達したらそれを資金にアルバムをリリース。
出資したリスナーは特典として、アルバムのスリーヴに名前が載ったり、ライブのチケットを優先的に確保できたり、限定盤を入手する権利を得られたりといった優待を受ける事ができるのだそう。
アーティスト側は、売り上げの半分を利益として得られる他、権利関係の管理も自ら行うことができ、レーベルに所属するより有利な立場に立てるとの事です。
frYarsはBandstocks設立当初から参画していたアーティストのようですね。
なんつーか、Ben君…若いのにやり手だなぁ、と(笑)

因みに、「Visitors」のダウンロード元はBandstocksサイト内で一般向けにオープンにされてるので、URL貼っておきます。

 http://www.bandstocks.com/Artist.htm?UserId=6

右上の"FREE DOWNLOADS"の欄にメールアドレスを入力すればOK。

何か主題から逸れてしまいましたが(^^;)、「Visitors」のPVにはDaveも出演しており、相変わらず渋い姿を見せてくれています。



歌詞も貼っとこう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

Visitors

When you break up the boys from the men,
It feels just like me and them
And for the love of a hardened heart,
Do something with your hands.
When you pick up a book with with no end,
It feels just like me again,
And for the love of your open arms,
Do something with your head.

I’ve got a sickness,
I think I need your
Help Tonight
Stones in Your bloodstream,
I think I’m
getting out tonight

When I said you could live on my back….
I don’t remember saying that?
And for the love of an aged friend,
Do something for yourself,
You Eventually fall off the end,
It feels just like me again,
And for the price of a human heart,
Its really not that bad.

−−−−−−−−−−−−−−−−−

frYarsのデビュー・アルバム『Dark Young Hearts』は3月リリース予定です。
posted by helix at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

お遊び

ちょっとイイ感じの画像が作れるサイト

 PhotoFunia

Depeche Modeで色々やってみました。

   * * *

Tour Of The Universe広告
7-fA6nUy8FefzTQ39g3QhQ.jpg
もう直ぐホントにこんな光景が見られるかも。

Tour Of The Universeカー
JJrhBbu2PncUj5Qkd9WixA.jpg
何か自作もできそうな。。

Dave
wbZI0nmIzt9AKcbSaZVLlw.jpg
元々ファッション系の写真があるし、ハマりますね。
隣もH&Mの広告なので、H&Mのモデルやった時の写真で。

0-CfZlG_zeA3WTh4LoK_uQ.jpg
J.Lindebergのモデル写真。

Martin
NC-VBFyhohUDfHYk46sgrg.jpg


Fletch
ZAroCHofC8IAOkEZH3PRAg.jpg
よく見るとJAPANって書いてある(笑)

在りし日の…
jTykXvQovQvADap0e5xEpg.jpg
この写真カッコいいですね。大好き。
posted by helix at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sounds Of The Universeへの道

Depeche Modeのニュー・アルバム『Sounds Of The Universe』、このところ次々と詳細が明らかになってきています。

◆前の記事に書いたリリース日程にも訂正が。

先行シングル"Wrong"は2月リリース、
 → 4/6だそうです。
   ただ2/21にドイツで行われるEcho Awardsで初披露されるそうなので、
   それ以降は放送などでも解禁なのでしょう。

アルバム"Sounds Of The Universe"は4/21リリースです!
 → UK盤4/20、US盤4/21、そして日本盤の発売も決定。4/22だそうです。
    EMIジャパンのDMページ

◆日本盤のみボーナス・トラックの追加あり。
通常盤¥2,500の他にDVD付きの初回限定盤¥3,500も出るそうです。
DVD付きは最近よく見るリリース形態ですが、まさかDMでも実現するなんて!
EMIジャパン様ありがとーございます。
しかも今回はCCCDの心配しなくていい処が良いですね。

◆トラック・リスト判明
1. In Chains
2. Hole To Feed
3. Wrong
4. Fragile Tension
5. Little Soul
6. In Sympathy
7. Peace
8. Come Back
9. Spacewalker
10. Perfect
11. Miles Away / The Truth Is
12. Jezebel
13. Corrupt

「Jezebel」かぁ…
Web Clip #7でデイヴがヴォーカル録りしてたやつですね。
カメラを構えるダニエル・ミラーが息子の運動会で写真撮りまくるおとーさんのようで笑えます。
って、このタイトルで先ず思い出すのはRecoilのシングルだったりしますが。

そして「Fragile Tension」
Web Clip #4の曲ですね。
早速YouTube上にリークされており(UPされては消されてる?)ウズウズしますが、見なかったフリしてリリースまで待つ事にします…

   * * *

あとTour Of The Universeのサポート・アクト、5月のバルカン半島分はLadytron(注:音が出ます)に決定してるんですね。
他の会場ではどうなるのか、発表が待たれます。
posted by helix at 01:53| Comment(4) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。