Depeche Mode

2008年10月31日

Electronic

10/31と言えば、巷はハロウィン一色ですが…
実はこの日は、元The Smiths、現Modest Mouse/The Cribsのメンバー、Johnny Marrの誕生日でもあったりします。
(おめでとうございま〜す♪)
先日HMVに行ったら、The Cribs加入にあたりマーが表紙になっていたので、ひっさしぶりにNMEを購入しました。

マーがNew OrderのBernard Sumnerと結成したユニットが、Electronicです。
で、そのElectronicのデビューライブというのが、何と90年8月にLAのドジャー・スタジアムで行われた、Depeche Modeのライブの前座だったのでした。

何故Electronicが出演する事になったのか?
いきさつがクロスビート90年10月号に載っていました。

 もともと今回、デペッシュ・モードとやることになったのは、バーナードが数ヶ月前にあるパーティでデイヴ・ガーンに会ったらしく、彼がその時オープニング・アクトを是非やりたいと言ったことに端を発した話らしい。彼は酔っ払って何を言っているのかわかっていなかったが、一方デイヴも酔ってはいたもののこれをマジメに受けとめたらしい。そして数週間後に、このニュー・オーダーのシンガーに確認の電話をしたという。バーナードはこの要請を受け入れざるを得ず、エレクトロニックは3週間のうちにライヴで演奏するに必要なだけの曲を用意し、練習しなければならなかった。

まさに瓢箪から駒…(^^;)
Electronicの1stアルバムは、レコーディングに時間がかかり過ぎて
「本当に完成するのか」と周囲に訝られていたそうですが、結果としてはDMが進捗を後押しした形になった訳ですね(笑)

気になるこのライブでのセットリストは以下です。

Intro
Big House
Try All You Want (Instrumental)
Sun
Get The Message
Patiance Of A Saint
Getting Away With It
Gangster
The Donald Way
-----------------
Cinematic


Manchester District Music Archive / Electronic setlist 04.08.1990より)

んん、ディスコグラフィにはないタイトルの曲が…
後に曲名を変更してリリースしたか、お蔵入りになったものかは謎です。
因みに、「Patiance Of A Saint」と「Getting Away With It」の2曲では、ゲストとしてPet Shop Boysも出演したそうです。
この2曲の為に渡米したのかー(笑)

Electronicはこれまでに3枚のアルバムと1枚のベスト盤をリリースしていますが、アルバムは作品毎に結構アプローチが異なります。

Electronic
Electronic

Raise the Pressure
Raise the Pressure

Twisted Tenderness
Twisted Tenderness

Get the Message: The Best of Electronic
Get the Message: The Best of Electronic

私は全て本当に大好きなのですが、敢えて言うなら3rdの『Twisted Tenderness』が一番好きだー!(…少数派?^^;)
間違いなく、99年に一番聴いたアルバムです。

サムナーのNew Orderは現在空中分解状態、対するマーはバンド掛け持ちで大忙しと、なかなかタイミングは難しそうですが、いつの日か4thアルバムが出る事を期待して、気長に待ちたいと思います。
posted by helix at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

Mirror - Nostalgia

Depeche ModeのDave Gahanが1曲参加している、カナダのユニットMirrorのデビューアルバムが届きました。
1曲目、「Nostalgia」がその曲です。

SIDE-LINEに、参加の経緯についての記事がありました。

 Depeche Mode's Dave Gahan contributes vocals to new Mirror project

Mirrorとは、ヴォーカリストのTom Anselmiと、03年のDaveのソロツアー、Paper Monsters Tourにキーボードで参加していたVincent Jonesからなるユニットだそうです。
ツアーの模様を収めたDVD『Live Monsters』には、Vincent Jonesのインタヴュも含まれています。

曲はピアノの調べが印象的なバラードで、Daveの声が情感豊かに響きます。
PVにも出演しており、此方を見据えて歌う穏やか且つ涼しげな目線と、間奏で煙草に火を点ける仕草がまた渋くて素敵です。



Mirrorのオフィシャルサイトの'DOWNLOADS'のコーナーでは、Daveの壁紙もDLできます。
posted by helix at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tour Of The Universe

10/6、ベルリンでの記者会見にて、Depeche Modeの09年ツアースケジュールが発表されました。
タイトルは"Tour Of The Universe"
先ずは欧州からスタートという事で、じゃぱ〜んの文字なぞ当然見当たらない訳ですが、本国UK公演もロンドンの1日しかないんですね…???
代わりにドイツドイツドイツのオンパレード…
こりゃーイギリス人怒りますって(^^;)
当然の如く、ロンドン公演は既にソールドアウト状態です。
実は私もロンドン公演、行けるかどうかも分からないながらに、チケットだけは見境なく購入してしまいました。。

待ち望まれる新譜のリリースは、来年4月になる模様です。

 デペッシュ・モードのニュー・アルバムは2009年4月リリース

現時点では、アルバムのタイトル等は明らかにされていませんが、ツアータイトルからして'Universe'若しくはそれに類する単語が使われているのでしょうね。

発表された新しいバンドロゴは、とても好きです。

logo2009

10/6の記者会見時、新しいロゴのフォントを見た記者が
「十字架を組み合わせたものか?」
と質問して、Martinに「考え過ぎ!」と笑われていました。

しかし、某所にUPされた記者会見時の映像を見たところ、新曲の一部が使われていたのですが(…聞いちゃいました^^;)、個人的には何やら荘厳且つ宗教的な印象を受けました。
(一瞬、『Songs Of Faith And Devotion』を思い出したりしました。)
'Universe'だけに、スケールの大きな音になるんだろうなぁと想像しています。

現在、DMのオフィシャルサイトはリニュール中という事で、ツアースケジュールのみが掲載された状態になっていますが、旧サイトも閲覧は可能です。

 Oldsite

バンドの新たなニュースを、楽しみに待ちたいと思います。

* * *

Depeche Mode来日を実現させましょう!
メッセージを募集しておりますので、ご興味を持たれた方は、
是非ひとことお願いしますm(__)m


'09 TOUR 来日嘆願メッセージをお願いします。
posted by helix at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

Version 3.0

shunt_banner3.0

Recoilのオフィシャルが、ヴァージョンアップして3.0になっていました。
2.0でFlashベースになったのを、再びhtmlに戻したようです。

ぱっと見、壁紙が増えてて嬉しいです(^^;ゞ(downloadのコーナー)
各アルバムのCollaboratorsバージョンと、Depeche Mode時代のAlanバージョンが追加されてますが、Recoilのヴィジュアルセンスは大変好みなので、活用したいです。

Version 1.0へのリンクはなくなったみたい?
余談ですが、1.0の"Celebrity Squares"というコーナーに、元The Smiths、現Modest Mouse(最近The Cribsにも加入した)のJohnny Marrのインタヴュが載っていて、意外な嬉しさがあったのを覚えています。
元々、マーはBernard SumnerとのユニットElectronicでDMの前座をやってたし、今もマーのMySpaceのフレンドリストTop20にRecoilが入ってるし、結構交流あるのかな?と思ったりしました。

我ながら、Recoilの音楽には物凄く親和性を感じます。
一時期はDMよりも聴いていました。
特にヘッドホンで聴くと、身体が液体の中にズブズブ沈んでいって、顔だけ出ているような妙な感覚に囚われます。
杉浦日向子さんの『百物語』にそんな話がありました。。
あと丁度こんな↓状況?(ミレーの「オフィーリア」。好きです)
Ophelia

携帯(N905i)の待受画面、現在はsubHumanの壁紙を加工して自作したものを使っています。

Recoil待受
posted by helix at 04:51| Comment(4) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。