Depeche Mode

2007年03月22日

気づいたら…

Toast Hawaiiから移籍していたあせあせ(飛び散る汗)Clientですが、New Album『Heartland』が来る4/10にリリースされます。

 Heartland

 テクノ・ポップ好き注目!Clientの新作完成、ユースらがプロデュース

移籍の経緯については、昨年10/3付Side-Lineの記事に、Client A(=Kate Holmes嬢)がコメントを寄せています。

"It was a mutual decision as Andy was touring with DM for most of 2005-6 and we didn’t want to stop Client and wait. We also became disillusioned with the way Mute got swallowed up by EMI. We still see Andy though as he lives round the corner from us. Maybe he will come on tour with us next."

フレッチがDepeche ModeのツアーでToast Hawaiiから離れていたのは仕方ないとして、EMIがMuteへ介入した事にも触れています。
Client Aの旦那さんは、UKインディレーベルとして名を馳せたCreation Recordsのボス、Alan McGee。
かつてCreationがメジャーのSonyに買収された時には私も何だかガッカリしたものでしたが、やがてレーベルとしてのアイデンティティは失われ、結局Creationは解散してしまいました。
大手が介入する事で生じる弊害を、彼女は身をもって感じていたのかもしれません。
少なくとも、MuteのCDがCCCDになったのはEMIの所為でしょうし(^_^;)

しかしToast Hawaiiの所属アーティストって、Clientだけでしたよね…
フレッチの新たな展開を応援したい処です。

で、Clientが契約した新しいレーベル

europe: out of line
scandinavia: subspace communications
north america: metropolis records
central and south america: noiselab
uk: loser friendly records


Loser Friendly Recordsは、元々Client Aが設立したレーベルですね。
『Heartland』の先行シングル、「Lights Go Out」、「Drive」×2種、「Zerox Machine」は既に購入していますが、アルバムも期待大!の仕上がりでした。

Lights Go Out Drive 1 Drive 2 Zerox Machine

因みにシングルやアルバムのデザインはバンド自身が手掛けたようですが、これは正直Mute時代の方が好みかな。。
MySpaceには、従来のClientのページに加え、アートワークやリミックスを紹介する場としてClientart名義のページも設けられています。
現在此処ではDAFの「Der Mussolini」のカヴァが聴けますよ〜。

DAFと言えば、「Zerox Machine」にもリミックスで参加しているRobert Gorlが、“アドベンチャーズ・イン・ミニマル・エレクトロニック・サウンド”なるイベントに出演する為来日するそうです。
チケット取ったのですが、Robertのソロは『Final Metal Pralinees』しか持ってない…
Throbbing Gristleも『20 Jazz Funk Greats』とベスト盤とリミックス盤だけ…
予習もあまり出来そうにないですが(^▽^;)、基本的にミニマル好きなので楽しんできたいと思います♪
posted by helix at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Client | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。