Depeche Mode

2006年02月18日

SACDでPTAを聴く会

SUPER AUDIO CDのサイトにて、来る3/18(土)、銀座ソニービル8Fのソミドホールで“スーパーオーディオラウンジ4”なるイベントが開催される事が告知されています。
所定のスーパーオーディオCDを、ソニーオーディオ機器による2チャンネル再生 / 9つのスピーカーを使用した5.1チャンネルサラウンド再生にて聴く事が出来るそうです。

14:50からは“Depeche Mode Hour”となっており、音楽評論家の鈴木喜之氏を迎えてのトーク&リスニングセッションが行われます。
ホール隣、ソミドバーからのドリンク持ち込みも可(笑)

『Playing The Angel』は、再生機器によって聞こえ方が随分違うのではないかという気がします。
最高音質で聴けるいい機会なので、予定が合えば行ってみようと思います。

 スーパーオーディオラウンジ4

 【入場料無料】
 ◇3月18日(土) 
 *14:50〜
 ”Depeche Mode”Hour
 鈴木喜之(音楽評論)

 ●お問い合わせ先:スーパーオーディオラウンジ事務局 03-5769-5212
 ●会場:銀座ソニービル 8F 「ソミドホール」
 ●住所:東京都中央区銀座5-3-1
 ●アクセス:地下鉄 銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅B9出口


しかしトーク?ってどんな内容なんでしょう…
鈴木喜之氏の文章は読んだ事がありません。多分。
posted by helix at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

Release schedule etc.

公式な情報ではありませんが、Depeche Modeの今後のリリース予定がUPされてきています。
シングルリリース、旧譜のSACD化、Touring The AngelのDVDにベスト盤のリリースと、年末までビッシリ。
出るからには全部揃えたいと思いますが、一体幾らかかるんでしょう…想像するだに恐ろしいです(^_^;)

February 20th:
Suffer Well (CDS, CDM, DVD Single)

March 2nd:
Speak & Spell (SACD)
Music For The Masses (SACD)
Violator (SACD)

April 13th:
A Broken Frame (SACD)
Construction Time Again (SACD)
Some Great Reward (SACD)

April/May:
John The Revelator (CDS, CDM, DVD single) TBC

June 15th:
Black Celebration (SACD)
Songs Of Faith & Devotion (SACD)
Songs Of Faith & Devotion Live (SACD)

August 10th:
Ultra (SACD)
Exciter (SACD)

September 29th:
Playing The Angel Live (DVD - title not finalized)

November 2nd:
Best Of Depeche Mode (CD, DVD - title not finalized)

一昨年から去年にかけて、MuteからCanの旧譜が一斉にSACD化された時、遅かれ早かれ次はDMだろうと思っていました。
『101』だけSACDで既発されているのも中途半端ですし。
新譜もリリースされ、ツアーも継続中なだけに、やはりこのタイミングが丁度いいのでしょう。
因みにうちの『101』は、専用プレイヤーで聴くとトラックポイントがずれているというエラー盤です(笑)
勿論専用プレイヤーなど持ってはいませんが。。

オフィシャルサイトでは、ツアー日程も続々追加されています。
USのCoachella Festivalのヘッドライナーにも決定。

Coachella 2006

もう今年の8月まで、ツアー日程が決まっているのですね。
(フジロックでの来日はなさそうですが。。)
昨年、オフィシャルサイトで初めてアルバムリリースとツアー開始を伝える報を読んだ時には、半年先までスケジュールが細かく決定している事に驚いたものでした。
しかもその予定どおりにアルバムもシングルもきっちりリリースされ、US、欧州ツアーも活況を呈している様を見るにつけ、彼らのモンスターバンドぶりを改めて実感しています。
今の時点で、「Suffer Well」の次のシングルが「John The Revelator」と決まってたり、現在進行形で行われているツアーのDVD化、発売日まで明らかになっているというのがスゴイ(笑)
よくあるパターンの、「レコーディングが延びて発売日延期」などという事態は、彼らにはあり得ないのだろうし最早許されない事なのかもしれない、とふと思ったりしました。

未だに実感湧きませんが、私も3月のUK公演を観に行く事にしました。
色々な人にお世話になったり、迷惑をかけながらの渡英となるので、後悔のない旅にしたいものだと思っています^^
posted by helix at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

21st Century Statements Campaign

現在、スウェーデンのブランドJ.Lindebergのキャンペーンモデルをデイヴ・ガーンが務めており、オフィシャルサイトのTopに大々的に写真がフィーチャーされています。

 21 Century Statememts Campaign
 J.Lindeberg

このデイヴ、カッコ良すぎてヤバイです(笑)
やっぱり若い頃より現在の彼の方が素敵…
いい歳の取り方してるんだなー、としみじみ思いました。。

撮影したのはニューヨークの写真家、Steven Kleinです。
主にファッション関係の仕事で有名な人ですが、マドンナのツアー写真や、彼女との共同プロジェクトの展覧会などを手がけてきた人物でもあるそうです。

その展覧会、“X-STaTIC PRo=CeSS”の様子を垣間見る事の出来る記事がありました。

 NYのアートシーン(2003/4/9)

マドンナがパフォーマーとなって撮影されたヴィデオの画像が、ページ下方に4枚掲載されています。
冷え冷えとしているのにどことなく有機的に見える室内の感じなど、やはり今回のJ.Lindebergのキャンペーン写真とも共通する雰囲気があるように思います。

因みに、J.LindebergがDepeche Modeのツアー衣装を手がけている為、サイトには他にもDM関係のニュースが掲載されています。
USツアーの様子なども写真付きで紹介。

 Wearing J.Lindeberg
 プレスリリース(PDF)

余談ですが、最新作『Confessions On A Dance Floor』で、15年ぶりにマドンナのアルバムを買いました(笑)
大ヒットした先行シングル「Hung Up」は、アバのサンプリングが効果的に使われていて、とっても良く出来てると思います。
posted by helix at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。