Depeche Mode

2005年05月31日

カヴァ1曲

Tower of Song

マーティンが95年にソロ名義で参加した、Leonard Cohenのトリビュートアルバム
『Tower Of Song: Songs Of Leonard Cohen』を聴きました。
「Coming Back To You」という曲をカヴァしています。
これも一種の'Counterfeit'って言えるのでしょうね。

Leonard Cohenという人は名前を聞くのも初めてだったのですが、紹介記事を読むと、「カルト・ヒーロー」という表現が目につきます。
シンガー・ソングライターであり、詩人であり、そして文学者でもある人なんだそうです。

マーティンのカヴァヴァージョンは、土臭いギターと伸びやかな声が相まって、何となく陽だまりの匂いのする(笑)ゆったりとしたアレンジに仕上がっています。
やっぱり良いです。あったか〜い感じがします。
2曲目にも同じ曲をTrisha Yearwoodという女性シンガーがカヴァしたヴァージョンが収録されているので、聴き比べてみるのも面白いかもしれません。
このアルバム、他にもそうそうたるメンツが参加してます。
posted by helix at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

Hurry up fasion.

この度、思い切ってオフィシャルにリンクされてるショップのサイトから、Tシャツとトップスを購入してみました。

今回買ったのは↓の2点です。
T-shirt Tracky Top

Enjoy The SilenceのTシャツと、ピンクのトップス。
Tシャツはデザインもシンプルでカッコ良く、これならフツーに外に着ていけます!
(バンドTシャツって、たまに「これは人前では着られないな〜」ってデザインのものがありませんか…?)
ピンクのトップスは、今の季節羽織るのに丁度いい感じなのですが、元々ピンクが似合わない上、袖のストライプも最早年齢不相応で一瞬「う〜ん…」と唸ってしまいました。。(笑)
いえ、分かってて買ったのだし、着るつもりではいるんですけど。

今回利用したのはヨーロッパのショップですが、1週間程度で届きました。
一方、アメリカのショップは最近デザインが変更されて見やすくなりました。

因みにヨーロッパのサイトだと、ピンクのトップスの黒いバージョンが、Men'sのみあるようにとれるのですが、アメリカのサイトだとWomen'sのみあるように見える…
ホントの処はどうなんでしょう。女物で黒があるならそっちが欲しかったな〜

メーリングリストによると、数ヶ月の内にアイテムの追加もあるようです。
posted by helix at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

Onetwo

Item

前の投稿から早2ヶ月が経過しました…が、まだやめた訳ではありません(笑)
しかしブログと言うには気がひけます。。

オフィシャルサイトではNewアルバムのレコーディングが順調に進んでいる事が伝えられています。
秋にはリリース予定とのこと!
遅れたとしても今年中に出てくれれば本当に嬉しいですね〜

もうかなり前、昨年の話になりますが、MartinがClaudia Brücken(Propaganda)とPaul Humphreys(OMD)のユニット、Onetwoとコラボレートした事がありました。
5曲入りシングル「Item」に収録の'Cloud Nine'という曲をClaudia嬢と書き、ギターも弾いています。
Onetwoのレーベルサイトの"hear music"で'Cloud Nine'を試聴出来ます。

最近この「Item」を購入しました。
初回プレス分はeBayを通してしか買えなかったようで、躊躇してたら売り切れてしまったのですが、いつの間にか再版されてて普通にAmazonで買えました。
ジャケットが少し変わっていますが内容は同じみたいです。

このシングルに収録されてるヴァージョンも良いのですが、
某サイトで聴ける別ヴァージョンがまたとっても良かったのでした。
 ttp://www.depechemode.pl/modernmode/audio/index.htm
 (URLをコピー&ペーストして頭に'h'を足して下さい。ダウンロード可)

曲はマーティン節全開で、メランコリックなメロディにちょっとだけ天邪鬼なコード進行。
オマケにこれはギターが強調されたアレンジ。あまりに良くてビックリ。
初めて聴いた時はエンディングのギターで鳥肌が立ちました。
決して複雑なフレーズ弾く訳じゃないのに、マーのギターの音は心情に直接訴えかけてくるから不思議。
'Walking In My Shoes'然り、'Home'然り、'Enjoy The Silence'のライブヴァージョン然り。
聴く度に居ても立ってもいられない気持ちになります。
マーティンは作曲家としてもボーカリストとしても素晴らしいけど、ギタリストとしても大好きです。
しかしほんと、この人は才能の枯渇なんて言葉とは無縁なのだなー。
デペのアルバムが今から待ち遠しいです。

あ、因みに「Item」の他の収録曲も良いですよ(笑)
posted by helix at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。