Depeche Mode

2005年01月31日

mash-up

Depeche Modeを聴くきっかけとなったのが、「Strange Love Triangle」というNew Orderの「Bizzare Love Triangle」とDMの「Strangelove」を繋げた曲だった、という事を以前の日記(04/11/2)に書きました。

微妙に違う気もしますが、この曲は現在では広く使われるようになった「マッシュ・アップ」という手法の最も古典的な例に当てはまるのかもしれません。
「マッシュ・アップ」とは、異なる2曲を合体させて作ったリミックスの事を指すのだそうです。
詳しい説明がAll About Japanにあります。

 バスタードポップとは?
 マッシュ・アップの作り方

で、探してみたらデペの曲のマッシュ・アップを聴けるサイトがありました。
 ttp://www.depechemode.be.cx/
 (URLをコピー&ペーストして頭に'h'を足して下さい。)
トップページ左方のナビゲーションから
「DEPECHE MODE / Download」→「Audio」へ進むと、「Mixage」として3曲がUPされています。
(ダウンロード可)

●"Policy Of Truth" avec "Sweet Dreams" de Eurythmics
●"Dream On" avec "I Disapear" de Mettalica
●"Master And Servant" avec "Satisfaction" de Benny Benassi

それぞれにとてもよく出来ていますが、Mettalicaのバックトラックに"Dream On"のボーカルが乗る様はかなり笑えます。
しかもデイヴのボーカルがライブバージョンで(『One Night In Paris』のかな?)曲中でお客さんを煽ってシャウトしてる声も一緒に入ってる(笑)のですが、異様に収まりが良くてそれがまた可笑しい。

やっぱりデイヴの声はエレクトロにもロケンロールにも合うのですね。
posted by helix at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

Nightbird

Nightbird

1/24、Erasureのニューアルバム『Nightbird』がリリースされました。

!!!!!物凄く良いです!!!!!
いかにもErasure、Vince節炸裂で昔から全然変わってないのですが、変わらないって事がホントに嬉しく、素晴らしく思えます。そんなバンドって滅多にない。

兎に角曲は相変わらずの良さだし、Andyの声も変わらず伸びやかで美しい。
そして何よりアルバム全体に流れる空気が只々心地良いのです。
ミディアムテンポのナンバー主体ということもあり、一聴しただけでは地味とも思えるのですが、聴けば聴く程心に沁みてきます。
聴いてるだけで懐かしく温かい気持ちになれ、過去のあらゆる美しい出来事を思い出します。
去年HIV陽性を公にしたAndyですが、いつまでもいつまでも聴く人に希望を与えてくれる歌を歌い続けて欲しいと祈らずにはいられません。

上のリンクにあるMTVの記事から、Andyのコメント引用しておきますね。
 「前2作のアルバムは、ちょっとムーディーで暗かった」
 「今はすべてにおいて、あの頃よりもずっと幸せなんだ。…曲を聴けばわかると思うよ」


『Nightbird』、もう最高傑作と太鼓判押したいです。
もうすぐツアーも始まります。欧州ツアーのサポートはなんとクライエント…
なんて豪華なんだ。羨まし過ぎる…
posted by helix at 06:54| Comment(6) | TrackBack(0) | Erasure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動きだしたようです

1ヶ月半振りの更新です。。
ひっさしぶりに書き込もうと思ったら、Seesaa様のシステムが大幅に変わっていてビックリ。
最初使い方がよく分かりませんでした。

2005/1/17、デペッシュ・モードはニューアルバムに向けて動き始めたそうです。
プロデュースは告知どおりBen Hillier氏。
今年中にリリースされると良いですね。
マーティンとデイヴが喧嘩しませんように…
フレッチとデイヴも喧嘩しませんように…(-人-;)

因みに公式サイトにも載っていますが、英雑誌「MOJO」のエレクトロポップ特集号が1/14に発売になり、デペが大々的に取り上げられています。表紙ですよ表紙。

MOJO

徐々に日本にも入ってきています。
私は新宿のタワーレコードで入手しましたが、オンラインでも購入可能です。
http://www.subscription.co.uk/home/prods.asp?m=180&src=depe
しかし税込み2,090円だったよ…
洋雑誌買ったのって物凄く久し振りだったのですが、こんなに高かったっけ?

まだ超ナナメ読みしただけですが、新旧のエレポップ系のアーティストを網羅した内容で、かなり読みごたえありそうです。
私の英語力では読破するのに1年はかかるなーたらーっ(汗)
デペの最新インタヴュも掲載されており、アルバム制作についても触れられていました。
フレッチによると、ニューアルバムに向けての打ち合わせにおいてマーティンが用意した曲は5曲、対するデイヴ12曲…
デイヴの曲も非常に出来が良いので、数曲は収録されるだろう、との事。

個人的には、デイヴの曲が多く入ってたりするとちょっと悲しいのですが…
やっぱりデペ=マーの曲、という固定観念があるし、これまで触れてきませんでしたが、私はデイヴのソロワークに対しては愛憎入り混じった複雑な感情を抱いているので…

でも、何はともあれ、再び3人が集まって新たな作品を作ろうとしてる事は心から嬉しい。
またアルバムを引っさげたツアーで、着飾って世界中を相手に回すマーの姿を見たいです。
(是非とも日本に来て欲しい…)
posted by helix at 06:18| Comment(3) | TrackBack(0) | DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。